プラズマローゲンはなぜ認知症(痴呆)予防・改善サプリメントなの?

メニュー

なぜプラズマローゲンは認知症の予防・改善サプリメントなのか

プラズマローゲンとは何か?

 

プラズマローゲンとは、体内に存在する物質です。

 

人や動物の体内にあり、抗酸化やイオンを運ぶことに重要な役割をもつリン脂質で、人体のリン脂質の約18%を占めています。体内に存在するプラズマローゲンは、体が正常に稼動するための働きをいろいろなところでにサポートしています。

 

これがなぜ、認知症の予防・改善サプリメントといわれているのでしょうか。

 



 

 

人の脳は酸化し、老廃物が溜まる

人は、ストレスや加齢、寝不足などによって脳細胞が酸化されて劣化してしまうと言われています。
これが、脳疲労の主な原因なんだそうです。

 

また、脳の中には老廃物も溜まります。

 

プラズマローゲンは、脳細胞の酸化や脳疲労から脳を守ってくれ、老廃物も排出してくれるのです。

 

 

プラズマローゲンの減少が、認知症のカギになる

アメリカの研究で、アルツハイマー病だった人の脳の解剖で、プラズマローゲンが減少していることが明らかになり、その後カナダや日本のチームが生存中の認知症患者の血液でもプラズマローゲンがが減少していることを見つけました。

 

これらのことから、

 

プラズマローゲンの減少が、認知症のカギになるそうです。

 

と考えられるようになったようです。

 

では、ストレスや加齢、寝不足などで、大事なプラズマローゲンが体内で減少するのを、どうしたらよいのでしょうか。

 

プラズマローゲンのサプリメントで補うのです。

 

そして、4年以上の年月をかけて、世界で初めてプラズマローゲンの高純度・大量精製が成功しました。

 

 

 

 

プラズマローゲンは食事から摂れない

プラズマローゲンは、動物の体内に多く存在しているようです。

 

研究によると、鶏胸肉やホタテ貝に含まれていて、鶏胸肉よりもホタテ貝の方が、人の頭の中のプラズマローゲンに近いと言われています。しかし、プラズマローゲンは大変壊れやすく、本来摂取しにくいようです。

 

またプラズマローゲンは、加齢や酸化ストレスや精神的なストレスによって減っていくもののようで、補給が必要なのです。

 

 

減っていくプラズマローゲンを、サプリメントで補給する

この高純度プラズマローゲンサプリメントには、その摂取しづらいプラズマローゲンが特別な方法で純度高く抽出されていて、効率よく摂取できるのだそうです。

 

研究では、プラズマローゲンを1000μg、6ヶ月摂取した人に改善傾向がでているとのこと。
2粒にプラズマローゲン1000μgが配合されているため、1日2粒程度を6ヶ月続けたということです。

 



 

介護現場で驚きの報告が

介護付有料老人ホームの介護士さん

 

思いつめて困ったりしている時間が長く続き、険しい顔をなさっていたり、言葉が減ったり、ほかの物事には無関心で寝ていたいとおっしゃっていたり…。私が担当しているO様はご本人には自覚がありませんが、認知機能に難があり、介護士として何とかしてあげたいと思う日々でした。

 

そんな中、認知機能ケアに期待できる成分としてご家族の方が強く希望されて、新『プラズマローゲン』を用いた臨床試験に申し込まれたようです。

 

私が見たところ、『プラズマローゲン』を飲まれてからO様は明らかに言葉を発することが増えましたね。それから、余計なことで思いつめるようなことが減り、前向きになられたご様子で、介護スタッフの間でも話題になるくらい笑顔が見られるようになりました

 

認知機能に難のある方と長く接している介護士の感覚では、イライラなどストレスを溜め込んでしまわれるようなタイプの方は『プラズマローゲン』のパワーを実感しやすいのではないでしょうか。

 

高純度プラズマローゲンの成分

内容量 60粒入り(1日2粒目安/約30日分)
原材料名 オリーブ油、ビタミンE含有植物油、ホタテ抽出物/ゼラチン、グリセリン、抽出ビタミンE
栄養成分表示

2粒(0.88g)当たり

  • エネルギー 6.28kcal
  • 炭水化物 0.04g
  • タンパク質 0.22g
  • 脂質 0.58g
  • ナトリウム 0.00mg
  • (食塩相当量) 0g

【ご注意】

  • 原材料をご覧の上、食品アレルギーのある方はお控えください。
  • 開封後は早めにお召し上がりください。
  • 妊娠中、授乳中の方、お子様はご利用をお控えください。
  • 薬を服用中または通院中の方はご利用の前に医師にご相談ください。